ドッキリ!デリケートゾーンは結構汚れている!?トラブルを防ぐには

5dd052a7ed7031e03cad7bace68186ae_s

あなたは自分のデリケートゾーンを鏡などで見た事がありますか?

自分よりパートナーの方が見る回数の方が多いのでは。

 

顔と同じようにデリケートゾーンもきちんとケア出来てますか?

 

かゆみや臭いなどのトラブルを起こすことがあるデリケートゾーンは、実は結構汚れているのです。

なので、十分なお手入れが必要です。

 

何度もこのブログで言ってますが、ゴシゴシ洗いは何よりダメですよ((+_+))

あそこの汚れを放っておくととんでもない事に・・・!?

 
ケアを丁寧にしないままでいると、雑菌が繁殖し、カンジダ菌や大腸菌、

ブドウ球菌などが膣に感染してしまう原因になってかゆみや臭いを引き起こしてしまいます。

 

 
デリケートゾーンは複雑な構造をしているため汚れが溜まりやすく、垢や尿などがつき、汚れることが多いと考えられています。e74a45c1f5731ccbf4e0cc8f0bd05505_s

(例えば顔で言えば、小鼻に汚れが溜まりやすいように、あそこもやっぱり隅っことか、肌が重なっている所は汚れが溜まりやすいのは納得ですよね。)

 

 

また、アポクリン腺と呼ばれる汗腺が集中しているため、

わきと同じようにケアをしないままでいると臭いが強くなってしまいます。

入浴する時にはデリケートゾーンを丁寧に洗い、汚れを落とすことがかゆみや臭いのトラブルを予防し、炎症などを起こさないためにも重要です。

 

 

 

ただし、デリケートゾーンの常在菌まで洗い流すような洗いすぎの状態もよくないと言われているため、洗い方には注意が必要です。
アンダーヘアの量が多い場合などには、ムレの原因になることもあるので、処理をすることもお勧めの方法です。

 

思っているよりも汚れていると言われるデリケートゾーンのお手入れ方法には、専用の石けんを使うことがよいと言われいて、

 

 

最近では様々なデリケートゾーン専用石けんが販売され、人気になっています。
粘膜があることから一般的な石けんでは刺激が強すぎるため

デリケートゾーンは低刺激の専用石けんで洗うことが理想的です。

 

 

 

専用石けんはよく泡立ててから指の腹を使って傷をつけないように、またこすりすぎないよう注意しながら優しく洗ってください。
膣の中まで洗う必要はないので、無理をしないよう十分に気をつけ、正しい洗い方をマスターしましょう。

 

 デリケートゾーンの正しい洗い方で臭いにおいを防ごう【図入り】

 

 

専用の石けんは悩みのひとつになるデリケートゾーンの臭いを抑えるように配慮されているものが多くあります。
デリケートゾーンの汚れを落として清潔に保ちながら、デオドラント効果を得ることができると言われているので、ケアに使ってみましょう。

本気でおすすめ!!デリケートゾーン臭いを消すには

デリケートゾーンのケアに
デリケートゾーンの臭いを消す最強おすすめのフロプリーの実際使用した口コミ評価

コメントを残す