菌を防ごう!デリケートゾーンの臭いにおいの原因は雑菌臭にアリ!!

192039

デリケートゾーンのにおいの原因はたくさんありますが、

今回は、雑菌臭についてです。
臭いの原因は、皮脂、角質層が汗と混じり、そこへ皮膚の常在菌が増殖、分解されることによって臭い成分を発生させます。

オリモノ、尿、汗、垢・・・デリケートゾーン周辺には実は色んな成分が混ざり合っています。
その成分が餌になり、更に繁殖し、陰毛に付く事でどんどん臭いにおいがしてくるんです!!!

 

 

常在菌は皮膚を外敵から守るバリアのような役割をしていますが、汚れがたまりすぎると、このような臭いの元になってしまいます。もし、皮膚から強い臭いが出ている場合は感染症の疑いもあります。臭いが重大な症状のシグナルになることもあります。気になる場合は専門医を受診しましょう。

恐ろしき!!あそこの雑菌が繁殖して臭いになる・・・

デリケートゾーンの悩みのひとつに挙げられる臭いの理由の多くは雑菌だと言われているため、雑菌への対策を行う必要があります。
雑菌そのものが臭いを発生させているのではなく、
雑菌が繁殖して老廃物を出すことによって臭いが生じます。

 

 

デリケートゾーンの雑菌は垢や汗、尿、おりものや経血などを栄養にして繁殖してしまい、

特におりものはタンパク質を多く含んでいることから雑菌を繁殖させやすく、臭いの原因となってしまいます。

 
また、デリケートゾーンは他の部分よりもアポクリン腺と呼ばれる汗腺が多くあるため、

汗が多く分泌されることからも雑菌が繁殖しやすいと考えられています。
ナイロン製の下着やストッキング、生理用ナプキンの着用でムレが起きると臭いが引き起こされることが多いので、

通気性の良い状態をキープするよう心がけましょう。

前回ブログで紹介した、履かないストッキングについて、好評があったので載せておきます^^

190808

 

デリケートゾーンの臭いは雑菌を繁殖させないためにも、清潔にし、通気性を高めることが対策のポイントだと考えられます。
丁寧に洗うこともひとつの対策ですが、市販の石けんなどでは刺激が強すぎる場合があり、常在菌など必要な菌まで洗い流してしまう危険性があります。

 

これってすごい
必要な菌まで洗ってしまうと、逆にデリケートゾーンの臭いは強くなると言われているため注意して対策をしましょう。
デリケートゾーン専用の低刺激の石けんを使い、洗いすぎないよう注意してケアすることをお勧めします。

 

また、デリケートゾーンは細菌性膣炎を起こしている時に臭いが強くなることがあり、その他にも子宮頚がんや子宮内膜炎などの病気のサインとして現れることがあります。
ケアしても改善されないデリケートゾーンの臭いには少し注意しておいた方がよいと考えられ、おりものがある場合にはカッテージチーズのようになっていないかも確認しましょう。
カッテージチーズのようなおりものがあり、臭いも気になる場合などにはカンジダ膣炎を起こしている可能性が考えられます。

 

 

セルフケアや自分なりの対策では改善しないこともあるため、婦人科で相談することも視野に入れておきましょうね。

 

本気でおすすめ!!デリケートゾーン臭いを消すには

デリケートゾーンのケアに
デリケートゾーンの臭いを消す最強おすすめのフロプリーの実際使用した口コミ評価

コメントを残す