デリケートゾーン(Vゾーン)脱毛のメリットとデメリット

121105db13e28310e51530d75206e4ea_s

「泣かぬなら泣かせてしまえ、ホトトギス」という言葉があるように、

「臭いなら、無くしてしまえVゾーン」

 

と、思った事はありませんか?

 

デリケートゾーンのにおいが軽減されるなら、あれこれ考えてしまうのが本音ですよね(^^;

 

 

デリケートゾーンのお手入れのために脱毛サロンでの処理を行う女性が増えているのですが、メリットだけでなくデメリットがあることを知っておきましょう。

 

決して胸張って言える事ではありませんが、私のアンダーヘアは剛毛です(-_-;)

付き合っていた彼氏には、においだけでなく、毛の多さに驚かれる事もありました。

 

自宅でカミソリで剃った事も何度もあります((+_+))

ですが、後からのチクチクと痒みが半端なかったし、毛が太いから血が出た事もあります。

ぎゃ~~~(;^ω^)

 

私だけではなく、そう思った女の子も多いはず☆

 

脱毛サロンに行くにもかなり特殊な部位なので、きちんとメリットとデメリットを理解して、これからサロンへ通うならという方への判断材料になれば良いと思います(*^-^*)

敏感なVゾーン脱毛する前のメリット

VIO脱毛、またはハイジニーナ脱毛と呼ばれるデリケートゾーンの脱毛の一番のメリットは、自分での処理をしなくても良くなる点にあると言えるでしょう。

 

 

アンダーヘアに関するコンプレックスを持っている女性は多く、

デリケートゾーンの脱毛で整えると問題が解消されることもあります。
好みの形に整えることができるので、自分に自信を持つためにも脱毛をする人はいるようです。20150826151733_120
見た目を整えることは勿論ですが、生理の時や運動をした時にムレが起きにくくなり、

尿やおりものの付着もなくなるためデリケートゾーンを清潔に保てるようになります。
アンダーヘアを処理しないままにしていると、雑菌の繁殖に繋がることがあり、かゆみやかぶれ、臭いの原因になることがあるため、

清潔を保つ面からもデリケートゾーンの脱毛にはメリットがあります。

怖い?恥ずかしい?Vゾーン脱毛のデメリット

色々なメリットを持っているデリケートゾーンの脱毛ですが、デメリットもいくつかあり、

ひとつには施術中の痛みが挙げられます。
個人差もありますが、やはりデリケートな部分であるため、腕や足に比べるとかなり痛みを感じる感想を持つ人が多くいるようです。

 

また、事前に形を決めて脱毛しても、実際に脱毛した場合にイメージと異なった場合に元に戻すことができないこともデメリットのひとつだと考えられます。

 

 

アンダーヘアをすべて脱毛するのか、毛の量をコントロールするだけなのかなど、

あらかじめしっかりとカウンセリングを行う必要があるでしょう。
さらにどうしても避けることができないデメリットとして、施術の時の恥ずかしさが挙げられ、なかなか脱毛に踏み切れないと感じている女性が多いとも言われています。
デリケートゾーンの脱毛をする場合には、清潔を保てるようになるメリットと、痛みがあるなどのデメリットについて知っておくことがポイントです。

本気でおすすめ!!デリケートゾーン臭いを消すには

デリケートゾーンのケアに
デリケートゾーンの臭いを消す最強おすすめのフロプリーの実際使用した口コミ評価

コメントを残す