デリケートゾーンの市販薬にはどんなものがある?

デリケートゾーンにトラブルがあった場合、まずは市販薬で対応したいと考える女性が多いと思われますが、どのような種類のものが販売されているのか知ってますか??

ドラッグストアでも気軽に買える、激売れ商品フェミニーナ軟膏。

 

買うの恥ずかしくないなら、試してみる価値ありますよね。

「これ、妹に使います」

みたいな顔してさw

 

今回はデリケートゾーンの市販薬にはどんなものがある?って話です☆彡

ドラッグストアで売ってるのはクリーム?スプレー?

市販薬の多くはクリームタイプですが、最近はスプレータイプでデリケートゾーンに吹きかける手軽な使用感のものも出てきました。

 

スプレータイプであれば、手で直接デリケートゾーンに触れることなく薬を塗布できるので便利だけど・・・つ、冷たいw

ティッシュに浸してからつけるべしw

 
やっぱり従来のクリームタイプの方が、しっかりと患部に塗布できる魅力があるので私は好きかな^^

あなたに合ったタイプの市販薬を使用しましょうね(^^)

 

因みに私は前回も書きましたが、拭くタイプのものを重宝し愛用しています^^

 

デリケートゾーンのための市販薬は、主にかゆみや炎症を抑えるためのもので、含まれている成分がどの市販薬でも似ていることが特徴的です。
よく選ばれる市販薬では局所麻酔作用を持ったリドカインや、殺菌作用の高いイソプロピルメチルフェノール、抗ヒスタミン作用に優れている酢酸トコフェロールなどが使われていることが多いようです。

 

その他の成分を使用してかゆみや炎症を抑え、ビタミンE酢酸エステルなどの成分を配合して患部の回復を促すようにしてある市販薬もあります。

 

 

 

クリームタイプのデリケートゾーンのケアができる市販薬は、どれもベタつきを抑えてあることが特徴で、伸びがよくサラサラとした使い心地で皮膚に負担をかけないようになっています。

すぐに使うことができ、かゆみや炎症の悪化を防いだり、雑菌が繁殖しないようにケアできます。

 

 ただし、市販薬を3日から5日間使用しても、かゆみや炎症が改善しない場合や、症状が悪化していく場合には使用を中止して病院で診察を受ける必要があると考えられています。

 

パッケージや説明書にも注意事項として使用に適した期間や、使い方などが書かれているので、必ず守って使いましょう。
かゆみや炎症は生理中に起きやすいトラブルで、ナプキンでのムレや刺激が原因だと言われています。

 

生理中以外にかゆみや炎症が起きている場合には、雑菌に感染している可能性が非常に高く、治療が必要となるケースも考えられます。

本気でおすすめ!!デリケートゾーン臭いを消すには

デリケートゾーンのケアに
デリケートゾーンの臭いを消す最強おすすめのフロプリーの実際使用した口コミ評価

コメントを残す