危険性もありうるデリケートゾーンのアンダーヘアの自己処理

85c132b57f686ba04632fe78fc64a139_s

メイクをするように、自分でデリケートゾーンの処理をしちゃいませんか?

 

私は毛が多いので、手足のついでのつもりでカミソリでどんどん剃ってました。

 

 

気になるからってなんでも自分でやっちゃおうというのは良くないですね。

本当に。。。

 

こんにちは。

タバコが相変わらず1日1箱やめれない七海です(^^;

忙しいのを理由に、暇を見つければプカプカ吸ってしまいます((+_+))

 

 

今日はデリケートソーンの自己処理の危険性についてです^^

自己処理のせいでダメージやトラブルを与えてしまう・・・

デリケートゾーンを自己処理している女性はわりと多いと思われますが、

トラブルの原因となる危険を伴うため注意しておかなければいけません。
処理することによってデリケートゾーンは見た目を美しくしたり、お洒落の幅を広げたり、皮膚炎によるかゆみや臭い、

その他のトラブルを予防改善できるメリットを持っていると言われています。
・・・ただ、自己処理をする時には無理をしたり間違った方法で行ってしまうと逆にダメージを与えてしまう危険性があるのです。

 

 

 

カミソリやシェーバーを使う場合には、カミソリ負けをしてかぶれてしまうことが考えられるだけでなく、角質がはがれてしまい皮膚の乾燥が起きやすくなります。

 

また、こまめに自己処理を行う必要があるため、何度もカミソリやシェーバーを使うことになりますが、

このことが皮膚に刺激を与えることに繋がり、デリケートゾーンに色素沈着を引き起こす原因にもなるのです。
更に毛抜きを使っている場合には、痛みがある他、皮膚にダメージが大きく埋没毛が起きたり、毛穴が傷つくことによって雑菌に感染する恐れもあります。
最近特に、デリケートゾーンの自己処理のためのワックスも販売されていますが、角質を剥がすことが多く、皮膚を傷める危険性が高いと考えられます。

めちゃめちゃ痛そうですしね・・・。

 

 

ただ、処理をしないままにしてしまうと、運動をしたり生理用ナプキンを着けた時にムレることが多くなり、かゆみや臭いなどのトラブルが起きやすくなります

 

不衛生にもなりやすいため、炎症やその他の病気を起こした時に治療がしにくいこともあると考えられるでしょう。
デリケートゾーンの処理をしたい場合には、危険性が高い自己処理を続けるのではなく、

専門のサロンやクリニックで施術してもらう方法がお勧めです。

 

 

379749e6ab4993183f540020458dee8f_s
コストの面やデリケートゾーンの施術が恥ずかしいと感じることなどのデメリットがありますが、

自己処理でデリケートゾーンにトラブルを引き起こしてしまうよりも、安全性の高い処理をしてもらうことができます。

本気でおすすめ!!デリケートゾーン臭いを消すには

デリケートゾーンのケアに
デリケートゾーンの臭いを消す最強おすすめのフロプリーの実際使用した口コミ評価

コメントを残す