共感!!デリケートゾーンの悩みの種類と知るべき病気

a3032431485ff4209894d4c5b111e4d8_s

意外と多い、デリケートゾーンのにおいの悩み・・・。

知りたいのに、なかなか人には相談出来ない。

ましてはパートナー(恋人)にも・・・

たとえ身内であっても、言えないのが体の悩みですよね。

 

この記事では、あなたの悩みがどういう症状なのかを掘り下げていき、どういうトラブルになっているのかと、自宅でも簡単に出来る対策方法について書いていきます^^

 

女性の悩みのひとつにデリケートゾーンに関するものが挙げられるのですが、デリケートゾーンにの悩みにはいくつかの種類があります。

デリケートゾーンの悩みの種類は大きく5つ

多く見られるのはかゆみ、かぶれ、ムレ、臭い、おりものなどのトラブルで、それぞれに原因があると考えられているのでチェックしておきましょう。
デリケートゾーンにかゆみやかぶれが生じた場合、病気ではないかと心配になる女性が多いようですが、接触性皮膚炎の可能性が高いと考えられています。

 

下着や生理用ナプキンが接触することが原因でデリケートゾーンに傷がついて炎症が起きてしまい、かゆみやかぶれが起きるのです。
ただし、カンジダ症と呼ばれる常在菌による炎症のケースもあるため、

かゆみやかぶれに加えておりものがある場合には注意しましょう。

 

 

ムレが起きるトラブルも生理用ナプキンやおりものシートを使っている時にはよく見られるので、こまめに取り替えることがケアのポイントとなり、

通気性の悪い下着やストッキングを着用することを控えることでも改善されるので試してみてください。

 

 

という事で私が目を付けたのが、コレ!!履かないストッキング!!!

蒸れない、暑くない、美脚になれるのでもうずっと愛用中( *´艸`)

美脚 ファンデーション スプレー タイプ 携帯用にピッタリ☆エアーストッキングプレミアシルク ...

美脚!!売り切れ注意!履かないストッキング
価格:1,728円(税込、送料別)

 こういうストッキングスプレーならムレないし、電線の心配も無し!!

 

さらに女性のデリケートゾーンの悩みには臭いに関するものが多く取り上げられるのですが、臭いは細菌性膣炎が起きている時に強くなると言われています。
臭いが強いおりものがある場合には細菌性膣炎の可能性が高いと考えられますが、

特にかゆみなどが感じられないことが特徴とも言われているため、気づきにくいことがあります。

 

細菌性膣炎ってなぁに?

魚臭帯下とも呼ばれる、オリモノに臭いを持つ病気です。細菌性膣症は性感染症ではありません。主に、膣内環境が良くないと発症します。

過度なセックスや膣洗浄のしすぎ、疲労や体力の低下などが原因で乳酸菌による自浄作用がなくなってしまうと、さまざまな菌が膣の中で繁殖し始めます。

細菌性膣症になると悪臭がするため、パートナーに性感染症ではないかと疑われてしまう事も・・・

 

通常、膣の中は乳酸菌によって強い酸性に保たれています。

そのため大腸菌や悪臭の元となる菌が繁殖しないようになっています。

 

やはり!!気にしすぎだからといって、ゴシゴシ洗うのがいっちばん良くないですね((+_+))
 アンダーヘアと、デリケートゾーンの直接的な関係は?
デリケートゾーンの臭いは病原菌が膣に入ってしまうことが原因となることがほとんどで、アンダーヘアがあることが原因になることはほぼないと考えられています。

 

ですが、恥垢や排尿の汚れ等がアンダーヘアについてしまい、匂いの元となる事もあります。
また、食事が関係してデリケートゾーンの臭いが変化することがあるとも言われています。
デリケートゾーンにわきがの症状があり、アポクリン腺と呼ばれる汗腺からの分泌物が常在菌に分解される時に生じる臭いがトラブルを起こしている場合には、

食生活を整えると症状が改善されることがあります。

本気でおすすめ!!デリケートゾーン臭いを消すには

デリケートゾーンのケアに
デリケートゾーンの臭いを消す最強おすすめのフロプリーの実際使用した口コミ評価

コメントを残す