デリケートゾーンの病気はどこで治療できる?産婦人科?

6c75da7e1623700cd93c51f7a391c3a8_s

 

デリケートゾーンにトラブルが起きたり、病気にかかってしまった時に、

病院の何科を受診すれば良いのか悩んでしまうことがあります。
かぶれやかゆみが強い場合には、皮膚科の受診を考えることもあると思われますが、

デリケートゾーンのかぶれやかゆみは、一般的な皮膚炎とは異なっているケースも考えられ、

 

 

皮膚科では対応できない場面も多いため、より専門的に診てもらえる婦人科を受診することをお勧めします。
婦人科を独立させている病院も勿論ありますが、妊娠や出産について扱う産婦人科と婦人科が併設されていることも多いので、

自分が通いやすいと感じる病院を探してみましょう♪

産婦人科で安心!!デリケートゾーンの病気と向き合おう!!

産婦人科も行きつけ・・・とまではいかなくても、話しやすい人がいる所を見つけれたら良いですね^^

 

私は生理がよく遅れて、肌荒れが多かったので、友達にピルを勧められました。

ピルは避妊以外にも使い道も種類もいっぱいあるんですよ^^

 

肌荒れに効く(成分が結果的に肌に働きかける)ピルもあります。

女性の先生がいる所もいっぱいあります。

 

 

全国の病院を探すのに役立ったサイト

 病院・医院検索のマイクリニック

「女性系」と調べられるのが良かったです^^

 

 

 お医者さんガイド

フリーワード(好きな言葉)で検索できるのが良いです^^

「性病 女医」とかで検索してました。

 

デリケートゾーンの病気で産婦人科に行くタイミング

もし、市販薬を使ってデリケートゾーンをケアしても、3日から5日で改善しない場合には病院を受診するよう心がけましょう☆彡

 

 

病院では気になっている症状についての他、いくつかの質問をされるので、

あらかじめ自分の状況をまとめておくとスムーズに診察を受けることができます。

産婦人科に行く前に
症状はいつから、どのような時に、どのような場所に起きているのかを伝えたり、おりものや臭いについても把握しておきましょう。

 

少し話しにくい性交渉の頻度や避妊具の使用の有無なども質問されることがありますが、

病気の種類を特定するには必要なことなのでしっかりと伝えましょうね(^^)
問診が終了したら、綿棒などを使い膣の内部からおりもの、細胞などを採取したり、採血検査や検尿を行います。
病気の種類によって行う治療法は異なるため、一概にこの治療とは言い切れませんが、

薬を処方されることが一般的で、塗り薬や飲み薬、膣座薬などを使う治療を行うことが多くあります。

 

 

デリケートゾーンの病気は種類が多いので、自己判断をして市販薬を使い続けると悪化してしまうことがあるとも言われているため、

改善しないようであれば早めに病院で検査と治療を行うように環境を整えましょう。
ただし、潜伏期間を持っている病気もあるので、性交渉をしてすぐに検査をした場合には、検査結果に反映されないことがあります。

本気でおすすめ!!デリケートゾーン臭いを消すには

デリケートゾーンのケアに
デリケートゾーンの臭いを消す最強おすすめのフロプリーの実際使用した口コミ評価

コメントを残す